火災保険で雨漏りを直すことができる場合もある

火災保険は、火事にあった際にその損害の補償をしてもらうことのできる保険です。そのため、火災保険で雨漏りを直すことができると聞いてもピンとこない人がいます。
しかし、火災保険のパンフレットをよく見ると、そのからくりを理解することができます。
それは、風災や水災の補償です。

これは、火災保険に含まれているケースが多いです。

特に、風災は基本補償として入っていることが多くなります。

そして、これが雨漏りの修理を保険でできる理由となります。

マンション雨漏りの知りたかった情報がきっと見つかります。

雨漏りは屋根や壁の傷みによって起こりますが、それが風災によるものであるとみることができれば、保険によって実質ゼロ円で修理をすることができます。
ちなみに、風災の対象となる強い風は、最大瞬間風速が20m/秒以上の場合です。
最大瞬間風速であるため、数秒程度のみ発生した場合でも対象となる可能性があります。


申請は電話一本で保険会社に行うだけでよいです。


ただし、この権利は時効にかかりますので、強い風が吹いた時から三年以内に請求する必要があります。利用の流れとしては、まずは業者に調査をしてもらって調査報告書と見積書を出してもらいます。

MBSニュースならお任せください。

そのあとに、保険会社に対して申請します。

申請後は、所定の書類を保険会社に提出します。

それが終わると、保険会社が鑑定人を利用して調査を行って、被害があったか、あったとしてその額はいくらかを決定し、実際に保険金が支払われます。


その後に施工が行われるため、工事代金に該当する保険金がすべて下りれば、ゼロ円で補修をすることが可能となります。



top