雨漏りの際には火災保険が役立ちます

雨漏りが発生してしまい屋根の修理をしなければならない。
長いあいだ暮らしてきた家屋ならいつの日か巡りくる出来事だといってよいでしょう。

屋根の修理なんて一生に何度もする事ではありません。

ですので屋根の修理に火災保険が適用されることや、実は屋根の修理は実質0円できる可能性があることはあまり知られていないかもしれません。


雨漏りをもたらす屋根の修理には火災保険の風災の補償条項が役に立つのです。
雨漏りの修理が実質0円になる仕組みを紹介します。家屋の屋根は時間がたてば自然と経年劣化します。ですが屋根の傷みのすべてが経年劣化であることはほとんどありません。
屋根の傷みの原因には風災もあります。


風災は強い風などにより与えられた損害のことです。



ここでの強い風とは最大瞬間風速20メートル/秒です。
この強さの風が吹かない地域はほとんどありません。


しかも風災の適用できる期間は3年間もあります。
風災の補償は損害額が20万円以下では使えませんが、屋根の修理で20万円以下の請求は基本的にありえません。
またどこの火災保険でも日本国内のものは風災の補償条項が入っています。


3年以内に最大瞬間風速20メートル/秒以上の風が吹いていたら条件を満たすことができるのです。

これにより火災保険に入っていて雨漏りの屋根修復をしたい場合には、火災保険における風災の補償で屋根の修復が実質0円で行えるのです。少し保険の申請の結果待ちで修理工事までに時間がかかってしまいます。

産経ニュースの情報を公開しています。

ですが雨漏りの修理費用が実質0円になるのは魅力的です。



top