火災保険の対象となる雨漏りについて

近年はゲリラ豪雨や大規模な台風、毎年の梅雨など急な大雨が増えています。
河川が氾濫して床下・床上浸水をしてしまったりなど大きな被害が被害が出る場合がありますが、被害は小さくても厄介なのが雨漏りです。

放置しておくと、クロスが濡れてしまったり、電気製品や家具なども壊れてしまうので、かなりの被害となります。

そのため、雨漏りを見つけたらすぐに修繕する必要があるのですが、修繕の範囲が屋根全体に及ぶ場合は、かなりの高額な修繕費用が必要となるので、当分はこのままで我慢しようとする人も多いのではないでしょうか。

しかし、雨漏りは原因によっては火災保険が適用される場合があるので、修理を諦める前に、検討してみることをおすすめします。

例えば、強風による飛来物が壁に当たって破損し、そこから雨水が侵入して雨漏りが起こったときは、火災保険の補償の対象となる「風災」にあたるので、保険金支払いの対象となります。


また、大きなひょうが降ってきて屋根が破損し、そこから雨漏りが起こったときも火災保険の対象となります。
このように、意外と多くの状況で保険が適用されるのですが、保険金が支払われるには原因を調べて自然災害によるものだと証明する必要があります。



建物の経年劣化が原因である場合は、補償の対象外となるため、保険を申請するには、原因を調べて経年劣化ではないことを確認することが大切です。



自分で原因を特定することはできないので、保険の申請を考えている場合は、信頼できる調査会社に調査を依頼しましょう。

本当に役に立つエキサイトニュースの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

初心者向き生活

火災保険は、火事にあった際にその損害の補償をしてもらうことのできる保険です。そのため、火災保険で雨漏りを直すことができると聞いてもピンとこない人がいます。...

more

学ぼう生活の事

雨漏りが発生してしまい屋根の修理をしなければならない。長いあいだ暮らしてきた家屋ならいつの日か巡りくる出来事だといってよいでしょう。...

more

これからの生活

住宅がプライバシーを確保し休息できる空間として機能するためには、風雨や直射日光といった気象条件から内部を保護することも含まれます。ところがしばしば生じる家のトラブルに雨漏りの被害がありますが、それは大阪地区でも同様です。...

more

知りたい情報

天井に雨水がしみてきているなど、雨漏りの兆候に気がついたら、できるだけ早めに、修理業者に依頼することが大切です。小さなしみであっても、そのうちに被害が拡大してしまう可能性がありますので、トラブルが小さいうちに、修繕しておきましょう。...

more
top